Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

ガーデンワークス INDEX- 5月更新 - ◆5〜6月のGARDEN WORKS 地温もあがってくると、そろそろ始めたいのが家庭菜園。畑や花壇がなくてもプランターで育ててベランダで楽しむ事も出来ます。 ◆GARDEN WORKS POINT 成長が早く初心者にもお勧めの夏野菜、この時期に植えるミニトマトの育て方についてご紹介します。

5月〜6月上旬のGARDEN WORKS

パンジーなど春に楽しんだ花苗はそろそろ花が終わる季節。
夏花壇の花苗へ植え替えましょう。
またハーブも生育が活発になる時期でもあります。新鮮な葉でハーブを楽しんだり、生育にあわせて摘芯(頂点の芽をとって脇の芽を伸ばし株のボリュームを出す)や追肥などを行い元気に育てましょう。

夏の涼をとる『緑のカーテン』を作り始めるなら今から設置。
今設置をして苗を植え付けておけば夏までにぐんぐんとツルを延ばします。
成長した植物の重みや、この先の強風なども考慮し、ツルをのばす面はしっかりとした作りにしておきましょう。

庭の植物がもっとも美しい季節。各地でオープンガーデンやモデルガーデンの 公開などイベントが開催され、
美しい庭を見るチャンスが多くなります。
また、5月下旬はバラも見ごろを迎えます。各地のバラ園や庭先で美しい花や緑を楽しみ、
ご自宅でのガーデニングの参考にしていきましょう。

CHECK この時期のお手入れポイント

初夏の爽やかさもひと段落すると、そろそろ気になる病害虫。
日頃から小まめに手入れや清掃をして清潔な環境を保ちつつ、早期発見・早期対策を。消毒や害虫駆除の対策で病害虫を予防します。

5月〜6月のGARDEN WORKS POINT 家庭菜園

菜園は、日当たりと風通しの良い所で。

トマトやナスなどの夏野菜は特に日当たりを好みます。庭ならば一番日の当たる所。
バルコニーでプランターを用いて育てる場合も事前に日のあたり具合をチェックしておきましょう。
また、風通しが悪いと蒸れてしまい病気や害虫の発生も多くなります。風通しにも配慮しましょう。

野菜の成長に必要な深さ(30cm程度)を意識してふかふかの土に耕します。

育てて成長や花の咲く姿を楽しむだけではなく美味しい野菜を収穫する為、畑では土の良し悪しがとても大切になります。まずは良い土作りを心がけ堆肥などを投入してしっかりと耕し、ふかふかの土を目指しましょう。

CHECK POINT 1 畑や庭での菜園の場合
POINT1 土質
土を一握りして土の質を確認。
握って固まり、指で押して崩れればOK。
固まりにならない砂質の場合は堆肥など有機質を入れて耕し、固まっても崩れない粘土質の場合は腐葉土や堆肥、パーライトなどを入れて耕します。
POINT2 水はけ
雨のあとの水のひき具合を確認。
翌日でも水溜りが出来ている場合や数日経っても土が粘り気を伴う場合は腐葉土や堆肥、パーライトなどを入れて良く耕し、畝も高めに作って排水性・通気性 をよくしましょう。
POINT3 酸度(pH)
市販の試験紙を用いて確認。
(泥水を作って簡易的に検査できます)
もしくは周辺の雑草をチェック。
スギナやオオバコなどが生える場合は酸性になってきていると判断して石灰散布を実施します。

事前に菜園プランを作りましょう。

育ててみたい野菜をまずはリストアップ。植え付けをする前にそれらについて事前に栽培条件や育て方を確認しておきましょう。適した環境で育てるための必要な畝の幅や株の植え付け間隔、植え付けに適した時期など、ちょっとした違いが収穫量や成長に大きく差をつける事になります。
初心者の方なら、育てやすい野菜・早く収穫できる野菜を選ぶことも重要です。

CHECK POINT 2 育てやすい野菜(夏野菜)
初心者向き
リーフレタス、ラディッシュ、シソ、ゴーヤ、パセリ、キョウナ、サツマイモ など
⇒リーフレタスやラディッシュなどは手間をかけなくても比較的簡単に収穫できます。
中級者向き
キュウリ、トマト、ミニトマト、ナス、ピーマン、エダマメ、トウモロコシ など
⇒キュウリやミニトマト、ナスなどは支柱立てや追肥など手間はかかりますが、収穫しやすい野菜です。

連作障害に注意!(それぞれの野菜の科名は、ラベルや書籍・図鑑などで確認できます。)

ナス科(トマト・ナス・ピーマンなど)やウリ科(キュウリ・スイカなど)、マメ科(エンドウマメなど)、同じ科に分類される野菜を昨年植えた場所に植えると生育が悪くなります。【=連作障害】連作障害を防ぐ為にも、区画を作り毎年きちんとプランを立て、それぞれの野菜の休栽期間も考慮しながらローテーション(輪作)をするようにしましょう。

しっかりとした良い苗を選びましょう。(植え付け直前に購入)

野菜には植え付け 適期があり、その時期をずらすと収穫量にも差がでます。
夏野菜 植え付けの適期は地温が上がったGWの頃。この時期に植えられるよう適切な時期に良い苗を選んで購入・植え付けをするようにしましょう。

◎良い野菜苗 ◇ 葉や新芽が元気なもの。◇ 節間が詰まっている。(間延びしていない)◇ 根元がぐらつかず、茎がしっかりとしている。※病気になりにくい接木苗がおすすめです 植え付け後はたっぷりと水をあげましょう。

プランターで野菜を育てる

プランターで育てるなら土は市販の野菜用培養土でOK。
育てたい野菜の種類によって必要な土の深さ(プランターの深さ)は異なります。トマトやナスなら、支柱も必要。プランターで育てる場合も事前にきちんと計画し育てる野菜にあわせて準備しておきましょう。土の量が限られる為、追肥や水遣りも小まめに気を配りましょう。

◎
浅め(深さ15cm程度)のプランターでもOK
⇒リーフレタス・サンチュ・ミズナ・コマツナなど 葉もの野菜
◎
大きめ(1苗あたり、幅30cm深さ30cm程度)のプランターが必要
⇒カボチャ・ジャガイモ・トマト・ナス・キュウリ・ピーマンなど 実のなる野菜。

浅め

深め

GARDEN WORKS POINT ミニトマトの育て方

家庭菜園で一番人気のトマト。ミニトマトのほうが育てやすくおすすめです。
健やかに育てる為に日当たりが良く、風通しの良い所で 管理しましょう。

ミニトマト

材料 ●苗(茎がしっかりとしていて間延びしていない元気の良い苗を)●プランター (Φ30cm 高さ30cm程度の大きめの水はけの良いもの)●支柱 ●鉢底ネット ●鉢底石 ●培養土・追肥用肥料 ※バルコニーでは対荷重への配慮や避難経路の確保など、安全の為の約束事やマナーを守りましょう。

(1) ※実のなる野菜は大きめの鉢に。

プランターの底に鉢底ネットを敷き、鉢底石を並べてから培養土を半分くらいの高さまで入れる。

(2) ※根鉢は崩さないようにします。

ポットのまま苗を一度置き、位置や向きを決めたら、ポットから取り出し、配置します。

(3) 【誘引】支柱に茎を沿わせヒモなどで固定。茎は太くなるので茎周りはゆるめにしておきましょう。

根鉢がしっかり隠れるまで土を足し土を押さえて馴染ませ、50cmくらいの仮支柱をたて、軽く【誘引】しましょう。

(4)

鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと全体に水を与えます。

(5) 【わき芽かき】葉の付け根からでるわき芽は摘み取ります。ハサミは使わず手で摘み取りましょう。トマトはウイルスに感染しやすい為ハサミは余り使わないようにし、わき芽かき等の作業も晴れの日に行うようにします。【追肥・増土】実がつき始めたら肥料を与えましょう。子葉があった所まで土を足してあげると根が安定します。

植えた苗が育ってきたら、1.5m程度の支柱を設置。成長具合に合わせ適宜【誘引】しなおし、【わき芽かき】も行います。最初の実がつき始めたら【追肥や増土】を行い、さらなる成長を促します。

(6) 【摘心】頂点の芽を摘み取ることで上へ伸びる成長を押さえ株全体に養分を行き渡らせます。【収穫】
実が色づいてきたら順次収穫をしましょう。

支柱を越える高さ(1.5m程度)まで成長したら【摘心】をしましょう。実が色づいたら【収穫】します。

お買い物サイトではお施主様価格にてガーデニング関連のアイテムを提供しています。
送料、代引き手数料無料、お買い物ポイントも進呈しておりますのでお気軽にご利用ください。

お得な情報 お施主様限定 暖かくなってくる季節に始めたい、家庭菜園を楽しむアイテムをご紹介!

ベランダやテラスでも家庭菜園を楽しめる、便利なプランターをご紹介します。

ベジトラグ【組立式】

ベジトラグ【組立式】

ラクな姿勢で作業ができるプランター。

しゃがまずに水やりや植え替えなどの作業ができる高さで、体に負担をかけずに楽にお手入れできます。V字形状なのでプランターの深い部分には根菜を植えるなど、葉野菜と根菜を同時に、効率よく育てることが可能です。

お施主様価格 ¥26,000〜36,000(税込)詳細はこちら

G-story フェルトプランター M

G-story フェルトプランター M

土の汚れを気にすることなく、ベランダでも快適に家庭菜園。

野菜やハーブなどの栽培におすすめのプランターです。クッション性に富んだフェルト(不織布)生地を使用。透水性と保水性に優れたフェルトの繊維が土の流出を防いでくれるため、底面に石を敷く必要がなく、土で床面を汚す心配がないので、ベランダやテラスでも手軽に栽培できます。

お施主様価格 ¥950円(税込)詳細はこちら

水遣りや土作りなど、家庭菜園のお手入れに便利なアイテムをご紹介します。

フィスカースジョウロ

フィスカースジョウロ

両手で扱える2つのアームで快適な水やり。

両手でしっかりと扱えるよう、2つのアームをクロス形にデザイン。容量(10リットル)いっぱいに水を入れても手への負担が少なく、快適な水やりが楽しめます。水の注入口も充填しやすいポジションに工夫。ストレートとスプレー、2タイプの散水が可能です。

お施主様価格 ¥4,300(税込)詳細はこちら

菜菜畑 虫よけサンバイザー

菜菜畑 虫よけサンバイザー

虫も日差しもブロックする、ガーデニングの強い味方。

メッシュ仕様なので内部が蒸れにくく視界もくっきり、作業もスムーズに行なえます。ガーデニングはもちろん、ネットを簡単に収納できるので普段使いにも重宝します。

お施主様価格 ¥2,850(税込)詳細はこちら

お買い物サイトではお施主様価格にてガーデニング関連のアイテムを提供しています。
送料、代引き手数料無料、お買い物ポイントも進呈しておりますのでお気軽にご利用ください。

5月の花

この季節に楽しめるお花のご紹介です。

マンスリーナンバー