Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

ガーデンワークス INDEX- 3月更新 - ◆3月のGARDEN WORKS 新芽に春を感じる3月。樹木の植え方を中心に「植える」作業についてご紹介します。 ◆GARDEN WORKS POINT 落葉樹の植え付けにぴったりな時期になります。落葉樹を植える際のポイントをご紹介します。

3月〜4月上旬のGARDEN WORKS

落葉樹は、芽吹く前の今の時期に植えるのが適しています。(常緑樹は4月〜7月頃)一人で持ち運べるサイズであれば自分で植えることも可能です。植えた後はたっぷりと水やりをし、根が張るまで動かないよう支柱もしましょう。

春を楽しむガーデニングの季節。テーマやカラーがきまったら、お花を植え込みます。植え替えをする時は腐葉土や堆肥を入れて良く耕し、土を整えてから植え込みましょう。

寒さが緩み、暖かくなってきたら冬の間に施した防寒対策を外していきましょう。

芝生を貼るのもこの時期が適期。隙間をあまり空けずに張ってしまったほうが早くキレイな芝生の面を楽しめます。既にある芝生も、本格的に芽が伸び始める前に エアレーションをして目土をかけてあげると、生育が良くなります。

CHECK この時期のお手入れポイント

◆今年のガーデニング計画をしてみましょう。あらかじめイメージを作っておくことで、まとまりがあるお庭になります。雑誌やモデルガーデン、近所の素敵なお庭を参考に、お好みのスタイルを検討してみましょう。

3月のGARDEN WORKS POINT 植物を組み合わせて植える

植物をいくつか組み合わせて植えるときは、存在感のあるものから植えていきます。
それぞれに、仮配置をして空間のバランスをみながら、植物が生長した姿をイメージして 植え込んでいきましょう。

Point 存在感のあるものから植える

植物をいくつか組み合わせて植えるときは、存在感のあるものから植えていきます。
それぞれに、仮配置をして空間のバランスをみながら、植物が生長した姿をイメージして 植え込んでいきましょう。

基本的にはこの順番で植えます 樹木→低木→草花

Point 不等辺三角形をイメージしながらバランスよく

植える前には、必ず最初にポットのまま仮配置してみましょう。
不等辺三角形をイメージするとバランスよくキレイに空間を作れます。上から見ても、横から見ても直線に一列に並ばないようにしましょう。

  • プランターに寄せ植えをする時も、大、中、小とリズムを意識して作るとキレイな組み合わせになります。

草花を植える際も、宿根草や多年草など大きく育つ草花や特徴的な草花の位置から定めて植えていくと綺麗にまとまります。花色や葉の質感などを意識し、お好みで組み合わせましょう。一番手前は、一年草や地面を覆うグラウンドカバーがお勧めです。

「どこから見て楽しむか」も意識しましょう。
デッキに出た時、室内から見た時…どこから見て楽しむかを考えて植える事も大切。時々その場所から見てバランスを確認しながら植えましょう。

Point 成長後の姿を意識しながら適切な間隔をあけて植えましょう

たとえ最初は小さな苗でも、植物はそれぞれの性質にあわせて生長していきます。花壇に植え込む際は、生長した姿をイメージしながら間隔をあけて植えましょう。
最初は土面が見えますが、植物が健全に生育する為に必要な空間です。

  • プランターに植える場合は、そのプランターで楽しむ期間も生育範囲も限られるので、寄せて植えて構いません。

落葉樹を植える

落葉樹は、芽吹く前の今の時期に植えるのが適しています。(常緑樹は4月〜7月頃)一人で持ち運べるサイズであれば自分で植えることも可能です。

Step1 仮置きをして位置・向きを検討。

まずは、置いてみて位置や向きを確認しましょう。
予定した場所に置き、数歩離れて空間全体を見回し、風景としてのバランスを考えながら位置を決定します。
向きは、植物全体をみて一番素敵に見える位置を正面と考えましょう。現在の姿から、枝葉を伸ばし成長した姿を思い描きながら配置することが大切です。

全体の枝ぶりなどを見て一番素敵に見える位置を正面と考えます

Step2 植える穴を掘る。

位置がきまったら一度樹木をどかし、植える穴を掘ります。根鉢より1.5〜2倍の大きさが目安。
掘る際は剣スコップを使い、まず先の尖った部分を土に挿し、掘る範囲の土をほぐしてからすくうとスムーズに穴を掘ることが出来ます。
掘った土は、あとで埋め戻しますので、腐葉土などを混ぜ込んでおきましょう。

根鉢の1.5〜2倍程度の穴を掘ります。

Step3 樹木を配置し、根鉢の高さや樹木の向き・傾きを調整。

穴を掘り終わったら、腐葉土などを混ぜた土を中心を山にするようにして戻し、その上に根を配置します。(根鉢のサイズを意識して戻しましょう。少し高い時には、配置後に、根鉢を軽く揺らしながら押しつけ、山を崩して高さを調整します。)
※根鉢に麻の布が巻いてあるものはそのまま植えてかまいません。

根鉢の高さは、根元部分が周囲の土の高さと合うようにします。
樹木の向きや傾きの微調整をしながら、少しづつ土を埋め戻します。

根元の高さが土の高さとなるように植えます。

Step4 周りの土をしっかりとなじませるため『水ぎめ』をする。

半分〜2/3ほど埋め戻したら、土が泥状になるくらい水をたっぷり与えて、樹木を軽くゆすって根と土をなじませます。(土中の隙間が気泡になって出てきます)落ち着いたら、また土を被せて水をたっぷりと与えましょう。

水が根元に留まるように周囲の土を軽く盛って土手を作ります。

全体がしっかりとなじんで水が引いたら周囲の土を株元に寄せながら均します。

根が安定するように背の高い木は支柱をつけてあげましょう。

お得な情報 お施主様限定 寒い冬が終わり、暖かい日差しと穏やかな春風が吹く季節になりました。 草花の植え替えをしてみませんか。

春から始めるガーデニングに最適なアイテムをご紹介いたします。

G-story フェルトプランター S

G-story フェルトプランター S

土の汚れを気にすることなく、快適に家庭菜園。
クッション性に富んだフェルト(不織布)生地を使用。透水性と保水性に優れたフェルトの繊維が土の流出を防いでくれるため、底面に石を敷く必要がなく、土で床面を汚す心配がないので、手軽に栽培できます。

お施主様価格 ¥800(税込)

詳細はこちら

ベジトラグ【組立式】

ベジトラグ【組立式】

ラクな姿勢で作業ができるプランター。
V字形状なのでプランターの深い部分には根菜を植えるなど、葉野菜と根菜を同時に、効率よく育てることが可能です。脚部には保護キャップがついているので、湿った環境でも影響を受けにくく耐久性に優れています。

お施主様価格 ¥26,000〜¥36,000(税込)

詳細はこちら

色鮮やかな花を咲かせてお庭に春らしさを演出しましょう。

G-story アーバンアーチ

G-story アーバンアーチ

手軽に、憧れのアーチロードを演出。
憧れのアーチが作れたら。そんな夢を手軽に叶えてくれるガーデンアクセサリーです。アーチの両サイドにプランター置きが設けられているので、つるバラやクレマチスなどの鉢植えを育てて、そのつるをそのままアーチに絡めることができます。

お施主様価格 ¥10,000(税込)

詳細はこちら

プライム オベリスク スリム ブランシュ(ホワイト)【組立式】

プライム オベリスク スリム ブランシュ(ホワイト)【組立式】

つるバラやクレマチスなどを絡ませて、あこがれのおしゃれなお庭に。
シンプルだけど曲線が可愛らしいオベリスク。お庭のちょっとしたポイントにオススメです。つるバラやクレマチスなどを絡ませて、お庭の表情づくりに。気品のあるホワイトカラーは、グリーンとも相性が良く、どんな花も引き立てます。

お施主様価格 ¥3,500(送料・税込)

詳細はこちら

お買い物サイトではお施主様価格にてガーデニング関連のアイテムを提供しています。
送料、代引き手数料無料、お買い物ポイントも進呈しておりますのでお気軽にご利用ください。

3月の花

一年を通して、季節の移り変わりと共に、表情を変える庭。
今の季節に、庭を飾ってくれるお花をご紹介します。ぜひ、ガーデニングの参考にしてくださいね。

マンスリーナンバー