Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

ガーデンワークス INDEX- 9月更新 - ◆9〜10月のGARDEN WORKS 暑さが落ち着くと、植物は再び生育を始めます。夏の間に伸びてしまった草花は切り戻して姿を整えたり、大きくなりすぎた宿根草は株分けや植え替えをしてリフレッシュさせましょう。 ◆PLANNING・POINT 今回は、秋の花を楽しむ花壇作りをご紹介。秋のガーデニングシーズンへ向けてお庭の植物を整え花壇も整理しておきましょう。

9月〜10月上旬のGARDEN WORKS

家庭菜園を楽しまれる方はそろそろ秋の菜園作りをスタート。収穫を終えた夏野菜は撤去し堆肥などを投入した上で土を耕します。秋〜冬に育てる葉物野菜の多くは種から育てます。ヒガンバナが咲く頃が種まき適期。秋野菜は種まきからチャレンジしてみませんか?

夏の間に楽しんだサルスベリやムクゲなどには『お礼肥え』として肥料を与えてあげましょう。花を咲かせてちょっと疲れたところを回復させます。
(化成肥料をパラパラと撒く程度でOKです)

最低気温が15度を下回る頃には、チューリップ・ヒヤシンス・クロッカスなど秋植え球根の植え付けができるようになります。来春の華やかな花壇を思い描きながらお好みの球根を植えつけてみませんか?

草花の植替や株分けは、10月上旬には作業を済ませましょう。あまり遅くなると根が張る前に寒さにあたることになり、株が弱る可能性があります。植替後は寒さにあてないよう、土の表面部分にバークチップや不織布などを被せ、防寒対策をしておきましょう。

CHECK この時期のお手入れポイント

秋の長雨で蒸れによる害が気になる季節。うどんこ病などの病害や虫の発生もしやすくなります。植物をよく観察し、傷んだ葉は取り除いて鉢周りを清潔に保つとともに、風通りも確保しましょう。病気や虫の発生が見られる時は、早期発見、早期対策が重要です。

GARDEN WORKS POINT  − 秋の花を楽しむ花壇作り −

秋のガーデニングシーズンへ向けて 花壇を整えておきましょう。

夏の暑さが落ち着いてくると、植物は再び生育をはじめます。10月〜11月上旬の秋のガーデニングシーズンに、美しい花を楽しむ為に、お庭の植物を整え花壇も整理しておきましょう。

花壇を整理整頓step1

まずは、一旦今のお庭の様子をチェックし、綺麗に整えましょう。夏の間にのびすぎて姿が乱れてしまった草花は切り戻しを行いを整えます。茂りすぎてしまった地上部をコンパクトに整え株の負担を軽減する事で、夏バテ気味の植物の元気を取り戻しやすくなります。
※切り戻しは枝分かれして育つ植物のみ実施できます

弱ってしまった植物は抜き取り、全体を一旦すっきりとさせて秋の生育を促します。暑さが落ち着いた頃は、虫の活動も再開します。秋の長雨による蒸れで被害も広がりやすいので、すっきりと風通しの良い状態を作り、清潔な環境を作りましょう。

土も整えておきましょうstep2

夏、旺盛に茂った植物の下の土や、水やりを重ねた鉢植えの土は、養分が不足気味で土質も劣化しています。
全体の土壌改良は難しいとしても、植物を抜き取った部分や切り戻し等でコンパクトにした植物の根元など土が現れた部分だけでも土のリフレッシュをしておきましょう。

植物の根を傷めない範囲で土を漉き取り、堆肥等を混ぜ込んだ土を入れてあげましょう。
鉢植えであれば新しい培養土を入れてあげるようにします。

秋の花を補充step3

花壇を整え土を整えたら、秋らしさを感じさせる花を補充し、庭に季節感と彩りを添えましょう。
秋のガーデニングショーなどで美しい彩りを添えているこれらの植物が、そろそろ園芸店等に並び始めます。
お庭や鉢植えに取り入れて楽しみましょう。

華やかな秋色の主役花
  ダリア シュウメイギク コスモス ノゲイトウ ウモウゲイトウ チョコレートコスモス センニチコウ ジニアエレガンス ヒデンス  
  ダリア シュウメイギク コスモス ノゲイトウ ウモウゲイトウ チョコレート
コスモス
センニチコウ ジニア
エレガンス
ヒデンス  
葉姿や直線ラインが美しい植物
  ススキ ペニセタム チカラシバ コルディリネ  
  ススキ ペニセタム チカラシバ コルディリネ  
 
豊かな葉色を楽しめる植物
  コリウス ツボサンゴ イポメアブラッキー アキランサス  
  コリウス ツボサンゴ イポメア
ブラッキー
アキランサス  
秋らしい華やかさのある低木
  フジバカマ シコンノボタン ハギ コムラサキ  
  フジバカマ シコンノボタン ハギ コムラサキ  

お気に入りの園芸店に出かけましょう

草花の購入にはやはり実際に手にとって選ぶ事をおすすめします。
日頃からお気に入りのお店をチェックして、こまめに出かけましょう。
購入の際は店員さんにどんどん相談下さい。足を運べば運ぶほど、良い苗選びのポイント植物の種類など、自然と知識が増えていきます。

秋の長雨で蒸れによる害が気になる季節。花木に病気や虫の発生が見られないかを確認してあげましょう。

庭木を選定し、風通しを良くすることで病害虫の繁殖を予防しましょう。

ステンレス剪定鋏 匠&木柄刈込鋏 ショート柄セット

ステンレス剪定鋏 匠&木柄刈込鋏 ショート柄セット

お庭を整えるプロ仕様の切れ味。
【ステンレス剪定鋏 匠】
サビにくく丈夫なステンレス刃を採用、太めの枝もバッサリ剪定できます。
【木柄刈込鋏 ショート柄】
刈込鋏は通常のタイプよりも柄が短く、狭い場所でもスムーズに使えます。

お施主様価格 ¥3,522(送料・税込)詳細はこちら

伸縮式ラチェット枝切り鋏

伸縮式ラチェット枝切り鋏

ラクな力で太枝もスパッとカット。
4段ラチェット構造で挟んだ枝をしっかり固定できるのでサクサク作業できます。
フッ素加工を施した刃先は、汚れもつきにくく切れ味が鋭いため、切断面がキレイです。柄の長さは使用状況によって約最大70cmまで調節可能です。

お施主様価格 ¥5,931(送料・税込)詳細はこちら

お買い物サイトではお施主様価格にてガーデニング関連のアイテムを提供しています。
送料、代引き手数料無料、お買い物ポイントも進呈しておりますのでお気軽にご利用ください。

植物の組み合わせは、役割を考えて選ぶ。

花壇に植える植物を考える上でも、寄せ植えでも、出来上がりをイメージしながらその植栽空間における植物の役割を意識するとまとまりを作る事ができます。

例えば…

主役
メインとなる植物。 寄せ植えの場合その鉢の中で一番背の高いもの。
引き立て役
主役となっている植物を引き立ててバランスを補う植物。
縁取り
花壇の縁部分には、背が高くならず彩りをよくする一年草や地面を覆うグラウンドカバーで引き締めます。
広い花壇であれば【 つなぎ 】として、あまり個性的ではなく、他と馴染む植物もいれながら、全体を調和させると 空間が落ち着きます。

広い花壇であってもたくさんの種類の植物を使う必要はありません。花色、葉の質感カラーバランス、ボリューム感を意識しながらリズム良くまとめましょう。
管理手間や、植物の健やかな成長も考え、同じような生育環境を好む植物を組み合わせる事も大切です。

見栄え良く 植物を組み合わせるポイント

植物を見栄え良く組み合わせる際のポイントをご紹介します。花壇などの広い範囲でも寄せ植えなどの小さな範囲でも、基本的な考え方は同じ。
植物を選ぶ際や配置する際、ちょっと意識をしてみましょう。

高低差を作る

花壇では、基本的に奥に背の高いものを、手前に低いものを入れます。
這うものや枝垂れていくものは一番前。
全体に同じ高さに均一に揃えてしまうと立体感がなく畑のような印象に。
植物の大きさは、購入時の姿やサイズではなく成長時の草丈で考えましょう。
(ラベルや図鑑で調べる事ができます)

色使いにこだわる

作りたいイメージにあわせてテーマカラーを決めましょう。清楚なイメージなら白、明るい雰囲気なら黄色・・イメージから連想される色は人によって異なりますが、テーマカラーを定めた上で組み合わせる色を考えると綺麗にまとまりやすくなります。

花色あわせ 色は三色程度にしておきましょう
咲く花の色でコーディネート。
秋の花は紫〜赤〜オレンジが多いので、
それらを基本に組み合わせると秋らしくなります。
葉色あわせ 葉色の違いや斑の入り方を意識
様々な色を持つコリウスを組み合わせても綺麗です。園芸品種等で

色あわせの際、思い浮かべるのはカラーサークル。円を思い描きながら、赤・青・黄を等分になるように置きます。
赤と青の間には紫というように『隣り合う色を足した色を真ん中に置く』を繰り返して色を繋げます。そうして完成させたカラーサークルを元に対照にある色が『反対色』、隣り合う色や近い位地にある色のまとまりが、『同系色』『類似色』となります。

グラデーションや同系色でまとめる
色の濃淡だけでまとめるグラデーションや、色合いの近い同系色や類似色でまとめると自然な雰囲気に仕上がります。
反対色をアクセントに
お互いの色を強調しあう色なので、ポイントとして目を引く存在を作る事ができます。アクセントとして使うので色の分量には注意をしましょう。
カラーサークルイメージ
フォルムにこだわる

植物の形状や質感を意識しながら、似たようなものを組み合わせたりあえてポイントに異なるものを入れてアクセントとする事も可能です。 日頃から色々な植物を眺め、ガーデニングショーやモデルガーデンで組み合わせ方を意識して観察してセンスを広げていきましょう。

夏の暑さが落ち着き、お庭で過ごしやすくなります。お手軽にアウトドアを楽しんでみませんか。

バーベキューを盛り上げるにはまずは環境作りから、
準備の際に役立つアイテムをご紹介します。

ロゴス お掃除楽ちんテーブルグリル

ロゴス お掃除楽ちんテーブルグリル

らくちんカバーでお掃除ラクラクの卓上グリル。
火床に敷いたカバーで残灰ごと丸めて捨てられるので、グリルを汚さず10秒でお掃除が完了します。残灰や垂れ汁などのこびりつきを極小に抑えることができるので、簡単なお手入れですみ、グリルも傷みにくく長持ちします。

お施主様価格 ¥6,380(送料・税込)詳細はこちら

カフェラテセット

カフェラテセット

シンプルなデザインでどんなお庭にも似合うチェアーとテーブルのセット。
雨に濡れても水が抜けて早く乾くメッシュ仕様です。メンテナンスの手間も少なくてすむので長く愛用できます。美しい塗装と座り心地や触感にこだわった表面加工を施しています。

お施主様価格 ¥25,000(税込)詳細はこちら

お買い物サイトではお施主様価格にてガーデニング関連のアイテムを提供しています。
送料、代引き手数料無料、お買い物ポイントも進呈しておりますのでお気軽にご利用ください。

9月の花

一年を通して、季節の移り変わりと共に、表情を変える庭。 今の季節に、庭を飾ってくれるお花をご紹介します。ぜひ、ガーデニングの参考にしてくださいね。

マンスリーナンバー