Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

ガーデンワークス INDEX- 8月更新 - ◆8〜9月のGARDEN WORKS 暮らし方やライフスタイルの変化に合わせて庭やエクステリアをリフォーム。より快適に活用できるお庭のあり方とプランのポイントをご紹介いたします。 ◆PLANNING・POINT 今回は「台風対策」をご紹介。台風の接近・上陸の恐れがある場合は事前にしっかりと対策をしておきましょう。

8月〜9月上旬のGARDEN WORKS

夏の水やりは朝のまだ涼しい時間か夕方に。暑さが厳しい八月は乾燥も早いので 朝・夕に植物の様子をみて乾いていたら たっぷりと水やりをしましょう。鉢植えの場合は土の量が限られ乾きやすいのでマルチングで乾燥を防ぐ工夫も有効です。

暑い夏。作業そのものがつらく負担となる上、植物も傷みやすい為、水やりなどの基本的管理以外のガーデニング作業を控えるようにします。この時期の緑の楽しみとしては屋内で楽しむインドアグリーンがオススメ。
トロピカルな夏の雰囲気や元気な緑を楽しめます。

強い日差しが苦手な植物は、日中の強い日差しや西日の影響で葉が傷みやすくなります。日よけを設置したり、明るい日陰に移動してあげましょう。

八月下旬、若干暑さが落ち着いてきたら、そろそろバラは秋の剪定の季節です。秋の開花にあわせて不要な枝を切り、枝先から1/3程度の大きさで剪定します。

CHECK この時期のお手入れポイント

夏は台風シーズンでもあります。台風対策は、事前に行う事が重要です。高い位置の鉢や吊るした鉢は下ろし、鉢物は室内に取り込むか、大きなものはあらかじめ地面に倒しておきましょう。台風が去った後は、植物の状態を確認しながら周囲を綺麗に掃除した上で元の位置に戻します。

GARDEN WORKS POINT − 台風対策・留守中の水やり −

台風対策 特に気を付けたいのは強風!事前にしっかり対策を!夏の暑さに慣れた頃、やってくる 「台風」。激しい雨風が来てからでは作業も危険になります。
台風の接近・上陸の恐れがある場合は事前にしっかりと対策をしておきましょう。

吊るしているもの
外して床に置きます。取り込めるものは室内に取り込みましょう。特に、バルコニーでは飛ばされやすいものがないかどうかも確認を。手すりには安全の為、ものを吊るしたり掛けたりしないようにしましょう。
棚や高い位置においてあるもの
下におろして、まとめて置いておきます。
大きな鉢もの
土がこぼれないよう、新聞紙などで土の部分を覆ってから枝葉を不織布やビニールで保護するように覆ってまとめ、横に倒しておきます。
ディスプレイ雑貨・ガーデニングツール
ガーデニングツールやディスプレイとしておいてある雑貨は纏めてBOXにしまうか、室内に取り込んでおきましょう。軽いものが多いので注意が必要です。
植えたばかりの庭木
高木の場合は、通常、植付け時に支柱をしてあるものですが支柱をしていないものがあったら、早々に支柱をしておきましょう。

▲吊ってある鉢や高い位置に置いた鉢は床に下ろします。
鉢はできるだけ風当たりの少ないところにまとめておきましょう。

▲大きな鉢は、株元を新聞紙などで覆い、
全体を不織布などで覆ってから紐で縛り、あらかじめ倒しておきます。

台風が去った後は…

激しい風雨によってゴミや枝が散乱したり、植物そのものも枝葉が折れるなどします。株が弱りやすく、病害虫の発生もしやすくなりますので、折れた枝葉は早々にきれいにとりのぞき、全体を清掃してから 元の位置に戻しましょう。

留守中の水やり長期休暇や旅行中に気になる 植物への水やり。特に土の量が限られている鉢物(特に小さな鉢)は注意が必要です。
一番安心なのは、自動潅水装置の設置となりますが、数日の留守ならいくつかの工夫で乗り切れます。育てている植物の状況や留守の日数などにあわせ、対策をとっておきましょう。

  • アイデア1日陰に移す。
  • アイデア2受け皿に水をためた状態にしておく。
  • アイデア3二重鉢にする。周囲にも湿った土があることで、乾燥が緩和されます。
  • アイデア4庭(日陰になるところの地面)に鉢のまま埋めておく。
  • アイデア5自動潅水装置の設置自動潅水システムイメージ メーカーによっても異なりますが、市販される簡易システムとしては、だいたいこのように水栓に簡易コントローラーをつけ、チューブを分岐させて必要なぶんだけ点滴ノズルを設置する装置となります。基本セットに適宜パーツを足して設置すると、割合スムーズに設置できます。

苔玉の作り方 材料 用土( ケト土 5 富士砂 1.5 赤玉土 3.5  くん炭 5% 緩行性肥料 少量)※ 数字は割合です。キットの場合は配合されたものが販売されています。 植物 コケ(ハイゴケ等) 糸(テグス) 桶 ハサミ ピンセット涼しげな雰囲気を楽しめる苔玉。苔玉作成キットも販売されており、植える植物を育てやすいものにすれば案外簡単に製作でき、気軽に育てて楽しむことができます。土をこねる作業は泥あそびのよう。お子様と一緒に 楽しんでみませんか?
作り方や育て方を覚えたら、次は山野草や盆栽用の植物で本格的に作成してみるのも素敵です。器との組み合わせなども工夫して涼しげな和の雰囲気を楽しんでみましょう。

植える植物について: 盆栽用の植物や山野草が一般的ではありますが、管理が難しくなる為、手軽に育てられる
ミニ観葉がオススメ。ここでは、屋内でも屋外でも比較的元気に育つアイビーを例にしてご紹介いたします。
  • コケは水に浸し、水を含ませます。用土は少し水を加えながら、よく練り耳たぶくらいの柔らかさまで練ってお好みの大きさにまとめます。
  • 植え込む植物をPOTから抜き取り根の周りの土を落とします。(無理に全て落とす必要はありません。)
  • 1で練った用土をすこしづつ手に取り、根に貼りつけます。 根と土の間に隙間が出来ないようにしっかりとつけましょう。
  • 根を包みこむように全体に土をつけたら、大きめのお団子のように丸く形を整えます。
  • コケを、土に密着するように貼り付けます。底の部分はお皿などに置いてしまうためコケはつけなくて大丈夫です。
  • コケを固定する為、糸(テグス)でコケを巻き上げます。縦・横 斜めに巻き上げ、しっかり固定しましょう。糸の最後はピンセットでコケ玉の中に押し込みます。
  • バケツ等に水を貼り、コケ玉をゆっくりと沈めて 水をしみこませます。
  • お好みの器に載せて完成です。根がなじむまで、植え付け後は三日間くらいやや日陰の涼しい所で管理しましょう。

苔玉の育て方

置き場所 基本的には屋外で育てます。じかにコンクリートなどの床に置くと 根が傷みやすいので必ず受け皿の上に。
スノコの上など床から離してあげると暑さや寒さの影響も緩和されます。
インテリアとして楽しみたい時はなるべく風通りと日当たりのよい所で育て、時々は外に出してあげましょう。
水やり 苔玉を手にもって、軽くなっていたら水がなくなっている証拠。製作時のFのように、バケツ等に水をはり、
苔玉をゆっくりと沈めて水をしみこませます。こまめに霧吹きなどで水やりして管理すれば、コケも青々と楽しめます。
植え替え 2年に1度くらいを目安に植え替えをします。植え替えの際は、苔玉ではなく鉢植えに戻してあげてもOKです。

暑さがピークを迎えるこの季節はガーデニング作業を控えめに。台風対策はしっかりと行い、草花と一緒に夏を乗り切りましょう。

台風が去った後は、ゴミや枝が散乱していることも。清掃してから元の位置に鉢物を戻しましょう。

ブラッシングスポンジ 玄関タイル用 柄付(スペア3個付)

ブラッシングスポンジ 玄関タイル用 柄付(スペア3個付)

タイルの汚れを水だけで落とすエコクリーナー。
ブラシ繊維がタイル面の汚れをかき出し、吸着繊維で浮いた汚れを拭き取る、2種類の繊維を組み合わせたブラシです。
軽量&丈夫なアルミ柄付のブラシで、かがまずラクに作業ができます。

お施主様価格 ¥3,905(税込)詳細はこちら

玄関クリーンマット(花柄)

玄関クリーンマット(花柄)

玄関先の汚れ防止にも。モダンな花柄の屋外用マット。
表面の溝部分が靴裏に付着した泥などをしっかりキャッチする仕様です。
裏面は滑りにくい素材で、敷くだけでズレにくく安心して使えます。
タイヤをリサイクルした素材で環境にも優しく、汚れればまるごと水洗いできます。

お施主様価格 ¥3,080(税込)詳細はこちら

8月下旬にさしかかったら秋のバラの開花に合わせて剪定を行いましょう。

伸縮式ラチェット枝切り鋏

伸縮式ラチェット枝切り鋏

ラクな力で太枝もスパッとカット。
4段ラチェット構造で挟んだ枝をしっかり固定できるのでサクサク作業できます。
フッ素加工を施した刃先は、汚れもつきにくく切れ味が鋭いため、切断面がキレイです。柄の長さは使用状況によって約最大70cmまで調節可能です。

お施主様価格 ¥5,491(税込)詳細はこちら

ガーデニンググローブセット

ガーデニンググローブセット

簡単に土が掘れる穴掘りグローブと作業手袋のセットでガーデニングを快適に。
【穴掘りグローブ(2双セット)】
苗の植え替えや根菜掘り、雑草のお手入れやバラの剪定など色々使えます。
【カラフルグローブ(10双セット)】
ガーデニングや様々な手作業を楽しくさせる、便利でおしゃれな手袋。

お施主様価格 ¥3,190(税込)詳細はこちら

お買い物サイトではお施主様価格にてガーデニング関連のアイテムを提供しています。
送料、代引き手数料無料、お買い物ポイントも進呈しておりますのでお気軽にご利用ください。

7月の花

一年を通して、季節の移り変わりと共に、表情を変える庭。 今の季節に、庭を飾ってくれるお花をご紹介します。ぜひ、ガーデニングの参考にしてくださいね。

マンスリ拏ナンバ拏