パナソニック ホームズ クラブ > 住まいのお手入れテクニック vol.6

お手入れと補修で壁や天井の美しさをキープ。

壁の素材に合わせたお手入れ方法と補修方法をチェック

クロスはナイロン製のモップや掃除機でこまめにほこりを取り除いて。
壁の隅やエアコンの吹出口付近はほこりがたまりやすいので念入りに。

一部のクロスを除き、水や中性洗剤が使えます。固くしぼった布で上から下へ全体を均一に拭くのがコツ。
から拭きで仕上げを。

  • 珪藻土など、天然素材系のクロスは、汚れた部分を中性洗剤を付けた歯ブラシで軽く擦る程度にしてください。

水に弱い織物クロス・不織布クロスは、きれいな布でから拭きを。汚れをためないように普段からこまめにほこりを取り除きましょう。

クロスを濡れたまま放置すると、剥がれやシミの原因になります。
洗面室など水まわりでは特に、水滴はすぐに拭き取ることを習慣に。

鉛筆の落書きは、きれいな消しゴムで擦って落とします。
スイッチまわりの手あか汚れなど頑固な汚れは、中性洗剤でお手入れを。

クロスの継ぎ目のすき間、ピン穴などの補修には市販のグッズを活用して。
ただし、必ず目立たない部分で試してから使用しましょう。

剥がれたクロスの裏にクロス用接着剤を塗って壁に貼り、上からローラーで押さえ、はみ出た接着剤を拭き取ります。
クロスを傷める恐れがあるので、ローラーは強く押し込まないでください。
クロスが硬くて接着しにくい場合は、時間をおいてから再度接着剤を塗り、ローラーで押さえてください。

※クロスが大きく剥がれたり汚れが広範囲に広がった場合、貼り替えが必要です。担当スタッフにご相談ください。

汚れに気付いた時が、天井のお手入れのタイミング

天井はナイロン製のモップなどで定期的にほこりを払いましょう。照明まわりや天井の隅は特にほこりがたまりがち。火災警報器のまわりも忘れずに。

天井クロスは少しめくれている程度なら、壁と同様の手順で補修できます。広範囲が剥がれたり変色が目立つ場合は、担当スタッフにご相談ください。

ご注意
  • クロスに水をつけすぎたり、継ぎ目や端の部分から水が入ると剥がれの原因になります。また、クロスのタイプによってはシミになる場合もあります。ご注意ください。
  • 中性洗剤を使用する際は、念のため、色落ちや変色がないか目立たない部分で試してから使用してください。
  • 化粧石膏ボードの天井の水拭きやワックスがけは、天井材の表面仕上げを傷めますので、行わないでください。
お問い合わせ・ご相談フォームはこちら
住まいのお手入れ