パナソニック ホームズ クラブ > 住まいのお手入れテクニック vol.17

バスルームは汚れをためないことが肝心。

バスルームは汚れをためないことが肝心。

窓ガラスは、汚れの少ない内側からお手入れを。薄めた中性洗剤をZ字型に吹き付けて布やスポンジで上から下へ拭き、から拭きで仕上げます。
汚れた水滴が落ちないよう下に布を当てましょう。

キラテックガラスではない通常の窓ガラスの外側は、内側と同じようにお手入れします。
中性洗剤で落ちにくい頑固な汚れは、ガラス専用洗剤をスポンジに含ませて落としてください。

外側に光触媒塗装を施したキラテックガラスは、太陽の光と雨で美しさを保ちます。汚れが気になる時はシャワー状に散水してください。
頑固な汚れはガラス専用洗剤を使い、水でよくすすいで。

網戸は外側より内側が汚れがち。内側から掃除機をかけ、ほこりや汚れを取り除きます。頑固な汚れは市販の網戸用ワイパーやお掃除シートを使って。
力をかけ過ぎると網がたわむので注意。

レールにたまったほこりや泥は、掃除機で取り除いて。その後、薄めた中性洗剤をつけた布などで拭き、水拭きとから拭きをします。
カビの原因になるので、結露や水滴はこまめに拭き取りましょう。

サッシ枠やパッキンはほこりを取り除いてから薄めた中性洗剤をつけた布で拭き、水拭きとから拭きをします。
パッキンのカビは、市販の塩素系カビ取り剤でお手入れして最後に必ず水拭きを。

ブラインドのようにガラスを回転させて開閉するルーバー窓。
内側には網戸があるので、外側からお手入れします。
ガラスを水平にして1枚ずつ上下を拭けば両側がきれいになるので効率的です。

シャッターや雨戸の外側はほこりやごみを取り除き、ぬるま湯で薄めた中性洗剤をスポンジか洗車用ブラシにつけて洗います。
内側は水拭きを。お手入れ後はしっかり乾燥させましょう。

吹抜け上部の窓や、2階以上の窓など、高所でのお手入れには十分注意してください。
伸縮性の柄付きモップやスクイージーを使うと便利です。届かないところは「ご担当窓口」にご相談を。

ご注意
  • 窓ガラスの洗浄に汚れた雑巾や金属製のヘラなどを用いないでください。ガラスを傷つけることがあります。
  • キラテックガラスの外側は、塗膜が剥がれるおそれがあるので硬いもので強く擦らないでください。また、ガラス専用洗剤以外の洗剤は使わないでください。清掃後のから拭きは不要ですが、残った水滴が気になる場合はきれいなタオルで拭き取ってください。
  • キラテックガラスの内側は通常のガラス面です。散水する場合は外側にのみ行ってください。また、換気口、軒下、サッシ外枠、外壁などに強く散水すると漏水事故につながるのでやめてください。
  • サッシ枠のアルミ部分に塩素系の洗剤が付着するとさびや腐食の原因になるので注意してください。
  • シャッターや雨戸の洗浄に酸性やアルカリ性の洗剤・アルコールは使わないでください。さびや変色のおそれがあります。また、金属製のタワシやワイヤーブラシは使わないでください。
  • 高圧の洗浄機や高温のスチームが出るクリーナーなどは、建物の部材を傷めるおそれがあるので使用しないでください。
お問い合わせ・ご相談フォームはこちら
住まいのお手入れ