安心・安全のくらし講座

就寝時や外出時はすべてのドアと窓を施錠

就寝時や外出時はすべてのドアと窓を施錠

泥棒が犯行にかける時間は10分程度。
侵入に5分以上かかるようなら諦めるという傾向があります。就寝時はもちろん、ごみ出しなど、短時間の外出でも必ず施錠を。
窓の鍵もかけ忘れがないか確認し、泥棒が簡単に侵入できない家にしましょう。

見落としがちな勝手口も忘れずに施錠

見落としがちな勝手口も忘れずに施錠

周囲から見通しの悪い場所にある勝手口。隠れて犯行がしやすいため、玄関よりも狙われやすいと言われています。油断せず、しっかり施錠しましょう。サムターンの他、採風窓の施錠装置をかけるのも忘れずに。
※種類によって勝手口の仕様が異なります。
詳しくは取り扱い説明書でご確認ください。

窓はダブルロックや防犯ガラスで安心

窓はダブルロックや防犯ガラスで安心

戸建住宅への侵入の過半数は窓ガラスの破損によるもの。クレセント錠と補助錠の両方を施錠することを習慣にしましょう。補助錠はホームセンターなどで購入することができます。衝撃に強い防犯ガラスに取り換えるのもおすすめです。

パナソニック ホームズ ショッピング

庭は死角をなくして見通しよく

庭は死角をなくして見通しよく

外からの見通しが悪いと、侵入者が身を隠しやすくなります。庭木が茂っている場合は、定期的に手入れをして見通しをよくし、死角をなくしましょう。
また、塀、柵、生け垣は、乗り越えや、すり抜けがしにくいようにしましょう。

侵入の足場になるものを家の周囲に置かない

侵入の足場になるものを家の周囲に置かない

家のまわりに侵入の足場になるようなものを置いていませんか。箱やプランターなど踏み台になるようなものがあると、高い窓や2階への侵入が容易になるため危険です。
家のまわりには不要品を放置せず、すっきりとさせておきましょう。

家のまわりに燃えやすいものを置かない

家のまわりに燃えやすいものを置かない

放火の被害に遭わないためには、放火されにくい環境をつくることが大切です。放火の発生件数が最も多い時間帯は深夜0時から4時頃。
家のまわりに燃えやすいものを置かないようにし、ごみは必ず指定日の朝に出すようにしましょう。

旅行や帰省時の空き巣に要注意

旅行や帰省時の空き巣に要注意

旅行などで長期間留守にする場合は、不在をわからせないよう、新聞や郵便物の配達を止めましょう。家の中が丸見えにならないように雨戸やカーテンは閉めて。また、あらかじめ隣近所に声をかけてから出かけることも大切です。

防犯システムを利用するのも有効

防犯システムを利用するのも有効

警備会社などによる家庭向けの防犯システム(ホームセキュリティサービス)を利用することも有効です。防犯や火災監視をはじめ、予期せぬ事態に備えた非常通報や、ケガや急病時の救急通報など、警備の対象は多岐にわたります。

安心・安全のくらし講座