パナソニック ホームズ クラブ >安心・安全のくらし講座 > vol.14 キッチンでの事故を防いで安全に。

安心・安全のくらし講座

水栓金具のめっきの部分は、ものをぶつけたり無理な力で操作したりすると表面が割れたり剥がれたりすることがあります。
さわるとケガをするおそれがあるので注意してください。部品の交換が必要ですので、異状に気付いたら「ご担当窓口」にご相談ください。

床下収納のふたや周囲の枠が浮いたり反れたりしていませんか。足を引っ掛けたり、ケガをしたりするおそれがあるので、異状を見つけたら「ご担当窓口」にご相談を。
また、床下収納のふたを閉める時は手足の指を挟まないよう必ず取手を持って閉めてください。

収納キャビネットや吊戸棚には、収納物の重量制限があります。取扱説明書を確認して、重過ぎるものをしまわないように注意しましょう。
また、地震などの揺れで収納物が落下すると危険なので、重いものは高所ではなく低い場所にしまうようにしてください。

収納扉の開閉時にガタつきを感じたら、蝶番の取り付けネジの調整が必要です。不具合をそのままにしておくと扉が破損したり、収納物とともに落下することがあるので危険です。
扉裏の包丁差しの取り付けネジにゆるみがないかも合わせて確認しましょう。

耐震ロック付きの収納扉は、地震が起こると収納物の落下を防ぐために扉がロックされ開かなくなります。解除する時は扉の上部をカチッと音がするまで強く押してください。
耐震ロック解除後、扉を開けた時に収納物が飛び出してくることがあるので注意が必要です。

食器洗い乾燥機の運転中には、湯気や温風が出る排気口付近には近付かないようにしてください。特に小さなお子さまには注意が必要です。
運転中や運転終了後30分間はやけどやケガを防ぐため庫内やヒーターカバーにはふれないでください。

IHクッキングヒーターを使っている時や使った後しばらくは、トッププレートやグリルの扉、排気パネルなどが高温になります。
高温注意表示や光るリングが点灯・点滅している時は、ふれるとやけどするおそれがあるので注意してください。

コンロのトッププレート(表面のガラス面)にはものを落とすなど強い衝撃を与えないでください。また、上に乗ったり足をかけたりしないでください。
割れて感電するおそれがあります。ヒビや割れが生じた場合、すぐに電源スイッチを切り、「ご担当窓口」にご連絡を。

安心・安全のくらし講座