Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes
パナソニック ホームズ クラブ >安心・安全のくらし講座 > vol.29 事故が起こりやすいポイントを再確認。

安心・安全のくらし講座

ほんの小さな不具合や不注意が、家庭内事故につながることも少なくありません。
気になるところがないか、わが家をチェックしておきましょう。

階段の踏み板や踊り場にものを置いていませんか。
万一つまずいて転倒すると、大きなけがにつながりかねません。
また、鏡や花瓶など壊れやすいものの場合、倒れて割れた破片で大けがをするおそれがあるため、置かないようにしましょう。

シャッター雨戸の開閉時には、まわりに人がいないか、ものが置いていないかを必ず確認してください。
また、手動シャッターを閉める際は、下まで手を添えると指を挟まれるおそれがあるため注意してください。

収納棚には重量規定があります。
規定内の重さでも、棚板の中央に集中して置いたり、長期間置いたままにしている状態は、棚板がたわみやすく、ものが落下する原因につながります。
重いものは下の段に、棚板には重量を分散させて収納しましょう。

収納などの折れ戸は、使用するうちに開閉がスムーズにできなくなることがあります。
無理な力を加えると扉が外れる危険があり、故障の原因にもなります。
開閉時にガタつくことがあれば、まずは「ご相談窓口」にご連絡ください。

水栓金具のめっき部分は、長年の使用による劣化やものがぶつかるなどの衝撃により、表面が割れたり剥がれたりすることがあります。
さわるとけがをすることがありますので、早めに部品の交換を。
異常が見られたら「ご相談窓口」にお問い合わせください。

玄関ドアが閉まるスピードが速過ぎたり、閉まりにくくなったりしていませんか。
速過ぎるとドアにぶつかったり指を挟んだりするおそれがあります。
ドアクローザーの速度調整ネジで調節できますので「ご相談窓口」にお問い合わせください。

小さなお子さまがさわると危険な設備にはロックをしておきましょう。
特に浴室は、お子さまが不用意に入ると浴槽への落下など事故につながりやすい場所。
浴室ドアは外からも施錠・解錠できるので、入浴時以外は施錠しておくと安心です。

床下収納のふたや周囲の枠が浮いたり剥がれたりしていませんか。
そのままにしておくと足を引っ掛けたりしてけがをするおそれがありますので「ご相談窓口」にご連絡ください。
また、ふたを閉める時は、指を挟まないように必ず取っ手を持ってください。

安心・安全のくらし講座
  • 会員規約
  • 特定商取引に関する表記
  • ポイント規約
  • 推奨環境