浴槽・ドア
ドアの開閉調整方法
ミラー・循環フィルター・排水口
床
カビが生えやすい箇所
浴室暖房換気乾燥機
入浴剤使用の注意事項
浴槽の青い汚れについて

※各部の構造、お手入れは、メーカー、タイプによって異なります。

入浴剤使用の注意事項

ただし、酸性・イオウ系・アルカリ系・塩分やオイル成分が入っていると、
浴槽や機器を傷めるおそれがありますのでご使用をお控えください。
また、備長炭の使用は、アルカリ成分の多い物もあり、浴槽が変色したり傷ついたりする
おそれがあります。できるだけご使用をお控えください。

発泡系の入浴剤・乳白色や白濁した入浴剤、アロマオイルやオイル成分を含む入浴剤、
塩分の強い入浴剤は配管や給湯機器を傷める原因になります。
給湯機器の取扱説明書・入浴剤の取扱説明書を十分に確認してください。

硫黄系の入浴剤や塩系の入浴剤、にごり湯タイプで底に粉が沈殿する入浴剤は使用をお控えください。
ポンプや配管を傷めることがあります。
(ジェットバス・酸素美泡湯は、運転をしなくてもお湯が配管内を循環します。)

また、次の入浴剤も使わないでください。
・生薬(葉・茎など固形のもの)
・ミルク成分配合
・とろみ系のもの
※入浴剤の注意書きをよく読み、影響のないことを確認してください。

複数の入浴剤は同時に使わないでください。

入浴剤は完全に溶かしてから運転してください。
固形物を吸い込むと機器が故障するおそれがあります。

酸素美泡湯を運転するとき、入浴剤によっては白濁しなかったり薄くなったり、
運転音が大きくなったりすることがあります。

※入浴剤を使用したら、定期的に配管や給湯機器の洗浄をしてください。

機器故障の原因となるため、複数の入浴剤は同時に使わないでください。また、次のものは使わないでください。

生薬(葉・茎など固形のもの)

ミルク成分配合

バスバブル、せっけんなど

硫硫、酸、アルカリを含んだもの

とろみ系・発泡系のもの

※注意書きをよく読み、影響のないことを確認してください。

パナソニックエコキュートは入浴剤が使えます!※従来品含む

入浴剤の使用説明書をよく読んでお使いください。

自動配管洗浄を必ず「入」にしてください。(お買い上げ時は「入」)

機器故障の原因となるため、固形物を含む生薬、とろみ系など一部の 入浴剤はご使用いただけません。

  • 会員規約
  • 特定商取引に関する表記
  • ポイント規約