エコキュート
エコキュート
エネファーム
エコウィル
ガス給湯機・高効率給湯機
石油給湯機
石油温水暖房(オプション)
蓄熱暖房器ユニデール
エコ暖
エコ暖フロア
ふろ配管(洗浄)
エコ暖フロア

※各部の構造、お手入れは、メーカー、タイプによって異なります。

給湯設備 石油給湯機

給湯設備 石油給湯機

 
 

イラストは施工例です。配管の症状、給水元栓・オイルタンク・
電源混戦との位置など実際と異なります。

給湯設備 石油給湯機

 

オイルタンクを空にすると、送油配管内に空気が入り、次回使用するときに着火がスムーズに
できない場合があります。

給油後、オイルタンクの送油バルブを開く。

オイルストレーナーの空気抜きネジをゆるめる。(このとき、灯油があふれ出てきたら
空気抜きが完了です。こぼれた灯油は、よく拭き取ってください)

空気が抜けた後は、空気抜きネジを元の位置までしっかりと締め付ける。

給湯設備 石油給湯機

給湯設備 石油給湯機

給湯設備 石油給湯機

 

オイルタンクに水が混ざると、オイルタンク内部のさび発生や不完全燃焼の原因になるため、
定期的に水抜きをしてください。

オイルタンク下部のドレン抜きバルブの下に灯油を受ける容器を置く。

ドレン抜きバルブをあけ、約200cc排水する。

容器にたまった液体が分離していれば灯油に水が混ざっているので、一度容器をカラにし、
再度約200cc排水する。 (分離しなくなるまで、繰り返す)
※分離していなければ水は混ざっていないので、出た灯油はオイルタンクへ戻してくだい。

水ぬきが完了したら、ドレン抜きバルブを閉める。

給湯設備 石油給湯機

 

オイルストレーナーにゴミや水がたまるので、定期的に掃除を してください。
わからないときは販売店にご相談ください。

オイルタンクの送油バルブを閉じる。

オイルストレーナーの下に送油経路内の灯油を受ける容器を置く。

ケースを左に回してはずす。

フィルターを下に引きはずし、灯油で洗う。
(汚れのひどいときはフィルターの交換(有料)が必要です。
工事店(パナソニック ホームズお客さま受付センター)へご連絡ください。)

元どおり取り付ける。

油漏れのないことを確認する。

オイルタンクの送油バルブを開ける。

給湯設備 石油給湯機

 

水抜き栓のフィルターにゴミ等が詰まると、お湯の出が悪くなったり
お湯にならない場合がありますので、以下の方法で掃除をしてください。
※お湯の使用後は、機器内のお湯が高温になっていますので、運転スイッチ
「切」にして機器が冷えてから行ってください。(やけど予防のため)

給水元栓を閉める

すべての給湯栓を開ける

水抜き栓を外す※このとき水(湯)が出るので注意してください

水抜き栓をバンドから外す

フィルター部分を歯ブラシなどで水洗いする
※水抜き栓からフィルターが外れた場合は、水抜き栓とフィルターの
間のパッキンをなくさないように注意してください

元どおりに水抜き栓を取り付ける

すべての給湯栓を閉める

給水栓を開け、水抜き栓の周囲に水漏れがないことを確認する

給湯設備 石油給湯機

長期間ご使用になると機器の点検が必要です。 機器を安心して長くご使用いただくために、1年に1回程度点検を受けることをおすすめします。 なお、給水用具(逆流防止装置)に関しては(社)日本水道協会発行の給水用具の維持管理指針に示されている定期点検の実施をおすすめします。時期は4〜6年に1回程度をおすすめします。
点検は工事店(パナソニック ホームズお客さま受付センター)または、修理資格者[(財)日本石油燃焼機器保守協会(TEL03-3499-2928)でおこなう技術管理講習会修了者(石油機器技術管理士)など]のいる店などにご相談ください。

  • 会員規約
  • 特定商取引に関する表記
  • ポイント規約