Panasonic Homes & Living
Panasonic Homes

住まいのお手入れ MENU
キッチン
レンジフードお手入れ
レンジフード取り外し方
IHクッキングヒーター
電気オーブンレンジ
食洗機
ガスコンロ
シンクカウンター
排水口
タッチレス水栓
シングルレバー水栓
水栓浄水器一体型シャワー混合水栓
浄水器専用自在水栓
浄水器専用水栓
キャビネット
シンク下収納
バスルーム
浴槽・ドア
ドアの開閉調整方法
ミラー・循環フィルター・排水口
床
カビが生えやすい箇所
浴室暖房換気乾燥機
入浴剤使用の注意事項
浴槽の青い汚れについて
トイレ
便器に付く尿石汚れのメカニズムと予防方法
便器・水タンク
ひとセンサー一体型あかりファン
停電時または断水時の洗浄
洗面室
洗面台
水洗金具・シャワー
ミラー
キャビネット
空調設備
天井換気口・自然換気口・ドア上通気口
2階涼換気ファン台所給気口
呼吸の道タワー フィルター交換要領
呼吸の道タワー換気間仕切
呼吸の道タワー 呼吸の道タワーE・N
エコナビ搭載換気システム HEPA+
HEPA+ 自然給気口
汚れセンサーACファン
センサーファンV
給湯設備
エコキュート
エコキュート
エネファーム
エコウィル
ガス給湯機・高効率給湯機
石油給湯機
石油温水暖房(オプション)
蓄熱暖房器ユニデール
エコ暖
エコ暖フロア
ふろ配管(洗浄)
フロア・クロス
クッションフロア・コルクフロア
床のお手入れ&補修
使用上の注意
美・ホーム畳
居室用床タイル
壁紙のお手入れ
内装建具
内装建具 建具の変遷
内装建具 建付け調整方法
内装建具 錠付き建具金物の非常解錠方法
内装建具 ソフトブレーキ・ソフトクローズ機構
内装建具 開きドア
内装建具 引戸
内装建具 折れ戸
内装建具 パーティション
内装建具 収納開き扉
内装建具 収納クローゼット扉 折戸
内装建具 収納クローゼット扉 3枚引戸
内装建具 玄関収納
内装建具 可動間仕切収納
外部建具
玄関ドア・勝手口ドア
玄関引戸
採風玄関ドア・採風勝手口ドア
換気採光勝手口ドア・採光出入口ドア
引違い窓・台形出窓・ハーフ出窓(引違い)
網戸・戸車の調整
クレセントの調整
下枠アタッチメントの清掃方法
上げ窓・ルーバー窓・内倒し窓
オーニング窓・竪スベリ出し窓・アクセント窓
ボウウィンドウ・ハーフ出窓・横スベリ出し窓
窓ガラス・サッシ枠・網戸お手入れ
鍵・シリンダー・電気錠
カーテン・ブラインド
アルミ・ステンレス樹脂製商品
電動シャッター
手動シャッター
ブラインドシャッター
外部仕上げ
キラテックタイル・キラテックガラス
玄関ポーチ床タイル
その他
火災警報器
セッコウボード用フック
ひとセンサ付シーリングライト(照明器具)
分電盤の復帰方法
ガスの復帰方法
パナソニック創蓄連携システム
太陽光発電連携型リチウムイオン蓄電システム
太陽光発電システム 京セラ
太陽光発電システム パナソニック
排水マス

※各部の構造、お手入れは、メーカー、タイプによって異なります。

クッションフロア・コルクフロア
床のお手入れ&補修
使用上の注意
美・ホーム畳
居室用床タイル
壁紙のお手入れ

※各部の構造、お手入れは、メーカー、タイプによって異なります。

フロア・クロス
床のお手入れ&補修
床のお手入れ&補修

フロア・クロス

木の床もお肌と同じ。キズ、乾燥、日焼け、シミに気を付けて。表面の塗装剤が
フローリング材の健康を保っていますので、塗膜の定期的なメンテナンスが必要となります。

フロア・クロス

フロア・クロス

日常のお手入れ日常のお手入れ

通常のお手入れは床表面の汚れを落とすから拭きで十分です。

日常は乾いたモップや雑巾でのから拭きで十分です。掃除機では取りにくいホコリなどが取れ、
床の美しいツヤを保つことができます。

  • 化学モップはドライタイプをご使用下さい。
  • 化学モップは長時間床に放置すると変色するおそれがあります。
  • 化学モップを水濡れ箇所には絶対に使用しないでください。ワックスが白化する場合があります。
  • 不繊布タイプのフローリング用ワイパーをご使用の場合、ワイパーの繊維や毛玉が付着することがあります。
  • 水拭きやスチームモップ・スチーム掃除機の使用はお避けください。
フロア・クロス
ひどいよごれの場合は、固く絞った雑巾などで拭き取りましょう。

から拭きでは落ちない汚れは、雑巾を濡らし固く絞ってから、拭き取ります。
また中性洗剤などは汚れに応じてご使用ください。

  • 雑巾を絞らずに水拭きすると、水分によるひび割れ・反り・膨れ・ワックスによる白化が生じる場合があります。
  • 中性洗剤を使用した場合は、洗剤成分をきれいに拭き取ってください
フロア・クロス

フローリング表面のごみ・ホコリを取り除く。
掃除機や乾式フロアワイパーなどを使用してごみやホコリを取ります。
化学雑巾や化学モップの使用はお避けください。ワックスが変色することがあります。

固く絞った雑巾などで湿り拭きを行い、汚れを取り除く。
掃除機などで取りきれなかった土埃や汚れを水で固く絞った雑巾などで拭き取ります。
ゴシゴシこすらず一定方向に拭くのがコツです。
※床を濡らしすぎるとフローリングを傷めるおそれがあるので、湿る程度に拭いてください。
※また、床を濡らす頻度が高いとひび割れを起こすおそれがあるので注意してください。

フロア・クロス

湿り拭きでは取れない汚れは床用中性洗剤を使って取り除く。
人の皮脂や調理油煙などの油汚れは、水では落とせないため、床用中性洗剤を使用して湿り拭きを行います。
またこのときにスリッパの底面を拭いて汚れをとると、ワックスが長持ちします。
※洗剤で床を濡らしすぎると膨れの原因になります。

フロア・クロス

仕上げの湿り拭きを行い、洗剤成分を必ず取り除く。
洗剤成分が残っていると汚れが付きやすくなるので、湿り拭きをして拭き取ります。
※研磨力のあるスポンジパッドは床を傷つけるおそれがあります。

フロア・クロス

ワックスがけをする場合は・・・ワックスがけをする場合は・・・

汚れを取り除きます。
乾いたモップや雑巾で汚れを取ります。汚れが残っていると、ワックスがきれいに塗れない場合があります。
ワックスがけの頻度は半年に一度が目安。天気の良い日に行ってください。

  • ワックス剥離剤はご使用にならないでください。
  • 剥離剤を使用すると膨れ、変色等が発生する場合があります。
  • フロアーコーティングは不具合が発生する場合がありますのでご使用にならないでください。
  • 洗浄液やワックスをフロアー表面に多量にまき散らすと、商品の外観および品質を損なうことがありますので
    絶対にしないでください。
フロア・クロス

水性樹脂ワックスを使用。
水性樹脂ワックスは塗りやすく、乾くのも早い上、塗った後のから拭きも不要です。手軽に塗ることができます。

  • 滑りによる転倒防止のため、ニス塗り木質床用・塗装木質床用と表示されたものをおすすめします。
  • ロウタイプ、油性ワックスはご使用にならないでください。
    [推奨品]リンレイ社製ハイテクフローリングコート
    ※パナソニック ホームズ ショッピング、又はお近くのホームセンター等でご購入ください。
フロア・クロス

部屋の隅から、均一に塗る。
木目にそって、薄くムラなく塗ります。モップは毛足の短いタイプが塗りムラが出にくく
比較的きれいに仕上がります。

  • 床に直接ワックスをまかないでください。膨れが発生する場合があります。
  • 塗布量は多すぎると膨れ、ツヤムラなどの原因になります。ワックスの説明書に従ってください。
  • 床表面が十分に乾燥している状態でワックスを塗ってください。
  • 溝部にワックスが溜まらないように注意してください。
フロア・クロス

完全に乾かします。
乾く前に床の上を歩いたり家具を動かしたりすると、塗りムラができたりツヤがなくなったりします。
ワックスが乾くまで風通しをよくして待ちましょう晴れた日の場合、夏場で約30分、
冬場で約60分を目安にしてください。

  • ワックスがけした場合、ワックス塗装面についたすり傷によりツヤ落ちして見えることがあります。
フロア・クロス

床補修床補修

本体の電池式コテ(ホットナイフ82006)は、スイッチをONにいれ白いボタン部分を押すと先端部の金属部が熱くなります。
ハードワックスを電池式コテで溶かしてキズ個所を埋め各色のハードワックスで色を調色します。
※修繕後、両面コーディング(フローリングや艶調整材)などを使用されると、補修箇所の保湿効果が得られます。

補修する箇所に一番近い色のハードワックスを5色の中から選び、電池式コテでハードワックスを山盛りになるように溶かし、キズを埋めます。

付属の赤いヘラ(ゴシゴシスクレーバー)のギザギザ部で平らに刷ります。さらにヘラで刷り、表面を平らにします。色が合わない場合は@Aの作業を繰り返します。

最後にスチールウールで補修個所を軽く刷り、傷の調整をします。

補修個所の「木目すき」「輪郭消し」として使用するスティックタイプの顔料系着色剤。
着色家具や建具などの角、書面の色落ちや浅いスリ傷の補修が簡単に行えます。
※ブレンダルスティックでの仕上がりでは着色が取れやすいので、(フローリングワックスや艶調整材)などをおすすめします。
フローリング補修には適していません。

薄いスティック色から順に傷に塗りこむように着色していきます。

木目や色の濃い部分には濃い色のスティック色で着色します。

指で擦りぼかしながらまわりの色となじませます。

住まいのお手入れ MENU
キッチン
レンジフードお手入れ
レンジフード取り外し方
IHクッキングヒーター
電気オーブンレンジ
食洗機
ガスコンロ
シンクカウンター
排水口
タッチレス水栓
シングルレバー水栓
水栓浄水器一体型シャワー混合水栓
浄水器専用自在水栓
浄水器専用水栓
キャビネット
シンク下収納
バスルーム
浴槽・ドア
ドアの開閉調整方法
ミラー・循環フィルター・排水口
床
カビが生えやすい箇所
浴室暖房換気乾燥機
入浴剤使用の注意事項
浴槽の青い汚れについて
トイレ
便器に付く尿石汚れのメカニズムと予防方法
便器・水タンク
ひとセンサー一体型あかりファン
停電時または断水時の洗浄
洗面室
洗面台
水洗金具・シャワー
ミラー
キャビネット
空調設備
天井換気口・自然換気口・ドア上通気口
2階涼換気ファン台所給気口
呼吸の道タワー フィルター交換要領
呼吸の道タワー換気間仕切
呼吸の道タワー 呼吸の道タワーE・N
エコナビ搭載換気システム HEPA+
HEPA+ 自然給気口
汚れセンサーACファン
センサーファンV
給湯設備
エコキュート
エコキュート
エネファーム
エコウィル
ガス給湯機・高効率給湯機
石油給湯機
石油温水暖房(オプション)
蓄熱暖房器ユニデール
エコ暖
エコ暖フロア
ふろ配管(洗浄)
フロア・クロス
クッションフロア・コルクフロア
床のお手入れ&補修
使用上の注意
美・ホーム畳
居室用床タイル
壁紙のお手入れ
内装建具
内装建具 建具の変遷
内装建具 建付け調整方法
内装建具 錠付き建具金物の非常解錠方法
内装建具 ソフトブレーキ・ソフトクローズ機構
内装建具 開きドア
内装建具 引戸
内装建具 折れ戸
内装建具 パーティション
内装建具 収納開き扉
内装建具 収納クローゼット扉 折戸
内装建具 収納クローゼット扉 3枚引戸
内装建具 玄関収納
内装建具 可動間仕切収納
外部建具
玄関ドア・勝手口ドア
玄関引戸
採風玄関ドア・採風勝手口ドア
換気採光勝手口ドア・採光出入口ドア
引違い窓・台形出窓・ハーフ出窓(引違い)
網戸・戸車の調整
クレセントの調整
下枠アタッチメントの清掃方法
上げ窓・ルーバー窓・内倒し窓
オーニング窓・竪スベリ出し窓・アクセント窓
ボウウィンドウ・ハーフ出窓・横スベリ出し窓
窓ガラス・サッシ枠・網戸お手入れ
鍵・シリンダー・電気錠
カーテン・ブラインド
アルミ・ステンレス樹脂製商品
電動シャッター
手動シャッター
ブラインドシャッター
外部仕上げ
キラテックタイル・キラテックガラス
玄関ポーチ床タイル
その他
火災警報器
セッコウボード用フック
ひとセンサ付シーリングライト(照明器具)
分電盤の復帰方法
ガスの復帰方法
パナソニック創蓄連携システム
太陽光発電連携型リチウムイオン蓄電システム
太陽光発電システム 京セラ
太陽光発電システム パナソニック
排水マス

※各部の構造、お手入れは、メーカー、タイプによって異なります。

  • 会員規約
  • 特定商取引に関する表記
  • ポイント規約
  • 推奨環境