パナソニック ホームズ クラブ > 住まいのお手入れ > キッチン レンジフード(換気扇)
レンジフードお手入れ
レンジフード取り外し方
IHクッキングヒーター
電気オーブンレンジ
食洗機
ガスコンロ
シンクカウンター
排水口
タッチレス水栓
シングルレバー水栓
水栓浄水器一体型シャワー混合水栓
浄水器専用自在水栓
浄水器専用水栓
キャビネット
シンク下収納

※各部の構造、お手入れは、メーカー、タイプによって異なります。

キッチンレンジフード(換気扇)

油、こげ汚れについて・・・

油汚れの変化

油汚れは油を使う火のまわりだけではなく、キッチン全体に及んでいます。 これは、調理時に油がオイルミスト(油を含んだ蒸気)となり、キッチン中に付着してしまうから。油は時間とともにサラサラ油→ベタベタ油→カチカチ油へと変化していき、それとともに汚れも落としづらくなっていきます。カチカチ油の状態が、いわゆるこげ汚れです。さらに、油汚れの多い換気扇などはほこりも付着し、汚れが大きな固まりとなってしまうので、簡単には落とせなくなってしまいます。

換気扇フィルター

※ホコリも油も一層落ちにくい汚れに
(換気扇フィルターの拡大図)

警告
  • お手入れや電池交換の際は、レンジフードの運転を停止し、照明を消して下さい。次に必ずスイッチをロックするか、分電盤のブレーカーを
    切って下さい。その際、ぬれた手で「切/入」しないこと。感電やけがをすることがあります。警告

オイルキャッチ(油受け皿)を洗う

フード内部はフッ素コーティングで、捕集した油が一箇所にたまる構造です。
オイルキャッチ
@整流板をはずす。
Aオイルキャッチを手前に引いてはずす。
(油ダレに注意してください)
 
汚れをとる

油や結露水がたまっている場合は、キッチンペーパーなどでふき取ってから、台所用中性洗剤で洗う。
※使用状況により、油や結露水のたまる 量は異なります。
※冬期などの結露の生じやすい時期は、こまめにたまった水を捨ててください。

フィルターを洗う

オイルキャッチ
汚れをとる

ぬるま湯を入れた容器にフィルターを浸し、
樹脂製たわしなどで汚れを洗い落とす。
(しつこい汚れには台所用中性洗剤を使用してください)

お願い

  • 金属製たわしなどは使わないでください。
  • 食器洗い乾燥機では洗わないでください。
    (アルカリ性洗剤を使用しているため、変質、変色が生じることがあります。
  • 全体にぬるま湯をかけて汚れをゆるませ、台所用洗剤(中性)を含ませたスポンジでふきます。
  • フィルターを洗う
  • 落ちにくい汚れがあれば、
    歯ブラシでこすり落とします。

ファンを洗う

汚れをとる

ぬるま湯を入れた容器に羽根、オリフィスを浸し、
樹脂製たわしなどで汚れを洗い落とす。

しつこい汚れには、台所用中性洗剤を使用してください。
金属たわしなどの硬いものは、表面を傷つけることがありますので、
使用しないでください。

羽根には回転バランスをとるための
バランサー(重り)がついてる事が
あります。 その場合は絶対に
はずさないで下さいね。

  • 会員規約
  • 特定商取引に関する表記
  • ポイント規約